診療内容

Home > 診療内容 > スポーツ外傷

スポーツ外傷SportsI Injuries

スポーツ外傷は柔道整復師(整骨院)の得意分野

スポーツ外傷は柔道整復師(整骨院)の得意分野イメージ

そもそも柔道整復師は怪我の多い、柔道の現場で発展を遂げ、スポーツから起こる捻挫や打撲の治療を中心に行ってきました。

一般的なスポーツのけがでは、関節周辺の筋肉や靭帯が競技動作により過度な力が加わり組織が損傷して出血、炎症を起こしたり、筋肉が過緊張し関節が動きづらい状態になることが痛みの原因になります。

当院では損傷部位にアプローチするだけでなく、その周囲の連動した筋肉や関節の可動域を改善してより良いパフォーマンスでスポーツや日常生活へ復帰できるよう施術させていただいております。

スポーツ障害はこんなとこから

スポーツ障害はこんなとこから ゴルフイメージ
スポーツ障害はこんなとこから 野球イメージ

長期間に同じスポーツを続けることにより、体の一定の部位に負担がかかり、疲労骨折、ゴルフ肘、野球肘、テニス肘、ジャンパー膝、骨端症、シンスプリントなどのスポーツ障害が生じます。

スポーツ障害には、年齢、性別、スポーツ種目などによって特徴があり、それぞれ適した治療予防が必要になります。

※スポーツ前後のストレッチ指導、練習、試合前のテーピング処置も行っています。

※成長痛に多いオスグッドなどもその子の運動動作によって痛みの発症する要因が必ずあります。安静にして休めば痛みは軽減していきますが、痛みの根本原因を見つけて早期回復、再発しないようカラダ作りを目指しましょう!

ペインシフト療法で痛みを即効改善!

痛みを「シフト」・・・!早期回復できる

ペインシフト療法とは、痛い所を治療するのではなく、痛みを出している原因を治療し痛みに関連して

いる手指を処置して、痛みを消す方法です。

ひどいぎっくり腰の痛みやスポーツでの外傷にも劇的な効果が出ます。

大腿の肉離れで歩行できなかった人が、治療後歩いて帰ることもありました。

大事な試合を控えているのに、捻挫の痛みで思うように動けないというスポーツ選手は諦めないで、

是非ご来院ください。

テーピング療法

ケガ・予防・救急処置

テーピングは、スポーツ活動をはじめ日常生活でのケガや予防、救急処置に使うことを目的に考案

されました。

元々は激しいコンタクトスポーツの「ケガの予防」として、ケガの発生しやすい部位(特に足首・

ヒザ)を固定しケガを予防することが目的でしたが、最近ではケガの予防ばかりでなく、ケガの応急

処置や再発防止、リハビリトレーニングの
補助や治療、さらに運動フォームの矯正に至るまで、様々な目的に利用されています。

日常生活で様々な活動時に違和感ある部位にテーピングをすることにより、ケガや障害を未然に

防ぎ、ストレスを最小限に抑えることが出来ます。

テーピングの効果
1
関節を固定して骨を保護する。

2
関節運動を制限し、その範囲内での運動とすることができる。

3
緊急処置として患部を圧迫することで毛細血管からの出血をおさえ、痛みを和らげる。

4
治療後の良い状態を継続するための矯正具として使うことができる。

スポーツ外傷の主な症状

捻挫イメージ

– 捻挫の原因

捻挫の原因はスポーツや日常生活など様々です。 よくある捻挫の症状で足首の捻挫があります。

捻挫の主な原因は、「階段を降りたとき」「段差を踏み外したとき」「石ころを踏んでしまったとき」など様々あります。

このときに、足首を内側に捻って捻挫になります。

– 捻挫の処置

一般的には患部をアイシングしてテーピングやギプスなどで安静固定して様子を診ることが多く治癒するまで日数がかかります。

捻挫の場合は関節部分のみならず、ケガした関節の周囲の筋肉も引き伸ばされたことによって、痛みが引いた後になっても
関節が硬いまま思うように動けずパフォーマンスを落としたり、再受傷したりします。

当院では幹部はもちろん、その周辺部分の筋肉についても適切に処置し、ペインシフト療法やテーピング療法で回復期間を
短縮させています。

捻挫を「早期回復させたい」「けがの後遺症を残したくない」という方は早期に当院へご来院ください。

肉離れイメージ

– 肉離れの原因

肉離れの発症原因は、筋肉の瞬間的な収縮が過度に行われる事によって「筋細胞」「筋膜(きんまく)」が急激に引き伸ばされて、「部分断裂」をおこすのが主な原因です。

肉離れは、マラソンや陸上競技、サッカー、バレーボール、野球など、足を酷使するスポーツに多いケガの一つです。実際、肉離れによって休養を余儀なくされているプロスポーツ選手も少なくありません。

– 肉離れの処置

肉離れなど、筋肉を損傷して内出血を起こすと、損傷部でかさぶたの様に固まった組織になり、他の周辺筋肉まで影響を
及ぼしてしまいます。

肉離れは治療が早ければ早いほど早期回復へ繋がりますので、後遺症を残したくない方は早期に当院へご来院ください。

膝・肩・肘イメージ

– 膝・肩・肘の原因

肩・肘・膝の痛みがでる原因は、とても多いです。例えば、野球肘やゴルフ肘などスポーツが原因で痛みがでたり、四十肩や五十肩のように、腱板損傷をして痛みがでたりします。

・腕が挙がらない、肩の凝り、痛み、腕にだるさやシビレなどの症状がある方。

・日常生活の中で肘が痛い、物を持つような作業や手や腕の使いすぎで肘が痛いなどの症状の方。

・膝が痛い、歩くと痛む、曲げ伸ばしで痛む、階段の登り下りが痛い、立ち座りが痛いなどの症状がある方。

お気軽に当院にご相談ください。

– 膝・肩・肘の処置

野球肘やテニス肘、ジャンパー膝などは損傷部位への施術だけでなく、周囲の筋肉や靭帯の痛みを引き起こす根本原因を
構造、運動動作から特定し施術します。

ぎっくり腰イメージ

– ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。ぎっくり腰は「急性腰痛症」の代表的な呼び名ですが、急な腰痛を起こす原因の中には、内臓の病気や脊椎の病気などもあります。

動作の瞬間に腰に激痛が走り、動くことが困難になってしまう。ちょっとの動きでも表情が歪んでしまう人もいます。最初は違和感程度で、さほど気にならなかったのに時間の経過と共に腰痛となり悪化していく場合があります。

お気軽に当院にご相談ください。

– ぎっくり腰の処置

ぎっくり腰になった後2~3日は、組織の炎症もあるため、初期の治療では痛めた部位を直接触ることが難しいケースもあります。
しかし、ぎっくり腰は悪い姿勢や生活習慣によって起こりやすい状況もあるため、足まわりの筋肉や首、内臓への施術で腰の痛みも緩和し早期回復していきます。

湿布や痛み止めで改善しない場合や、無理に揉んだりする前に当院へご来院ください。